老人介護施設に配属された時の仕事内容

看護師の職場として需要の拡大が目立ち始めている分野に老人介護施設があります。現在、高齢者の増加に伴い、多種多様な運営形態の老人介護施設が運営・拡大しています。

特に、医療処置が必要な高齢者の場合、看護師等の医療スタッフが常駐する施設で日常生活に必要な支援を受けることになります。看護師から人気の高い勤務先として、デイケアなどの通所形式の施設が挙げられます。これは昼間の短時間勤務が可能になる事が大きな理由です。

デイケアセンターなどの介護施設では、介護の専門資格をもつスタッフと協力しながら働く事が一般的です。そのため、医師の診療サポート等の医療業務の必要性は低下し、バイタルチェックや注射等の基本的な看護業務に従事することがになります。

また、介護関連の施設では糖尿病のインスリン注射や胃ろう管理を行う頻度が高い事も特徴とされます。その結果として、注射や点滴等で必要な刺入れ等の技術が要求され、高齢者に特有の慢性疾患を把握した上で適切な処置を提供する事が重要です。

その他、老人介護施設で働く際の注意点として感染症が挙げられます。施設にいる高齢者たちの免疫力は、一般の人に比べて低下しています。そのため、介護施設では感染が広まりやすい性質があり、インフルエンザ等をはじめとした季節性の感染症を徹底して防ぐ事が求められます。よって、施設内感染等を回避するためにもマスク着用や消毒液の使用を徹底して感染症を予防する事が不可欠なのです。季節を問わず流行する感染性も多数ある為、それぞれの対処方法を熟知しておく事が要求されます。

上記で看護師の介護施設勤務について書きましたが、中には看護師として施設に勤務した後、介護の世界を極めたいと思い出す人もいるかもしれません。両者とも似ているようですが、当然仕事内容や責任は違ってきます。高齢者に関わる仕事がしたいと感じるのであれば、看護師と介護士の特徴をしっかり把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です